« 2016年3月 | メイン | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月29日 (金)

春菊は来週5月から販売店に一斉に出荷開始。

野菜たちは日々成長し、味と食感が変わっていきます。

 

 今、若くて柔らかくておすすめの一品。

Img_6663

Img_6662

  

2016年4月28日 (木)

Img_6689

 

  3月に植えていたジャガイモ(キタアカリ)。

 芽が出揃ってきました。

 除草して、マルチに引っかかっている芽を出してあげる。

Img_6688

 収穫は来月下旬から。

 定番野菜はやはり楽しみ。

 大きいものがたくさん採れますようにと期待期待

2016年4月27日 (水)

ショウガ 定植

 

  本日はショウガの定植

Img_6672

Img_6670  

  50cm2条で900株です。

 一気に行きましょう。

種ショウガが大きいので、移植ごてよりもスコップを使います。

使う道具は重要でスピードがだんせん変わります。

 だんだん暑くなってきましたが、ここは日陰で作業しやすいかな。

Img_6677_2

  植え終わったところで、これからの暑い季節の乾燥対策に、灌水チューブを引きました。

Img_6699

その上から白黒マルチ。

Img_6703

完成!

秋には大量のショウガを楽しみに待ちます。

2016年4月26日 (火)

花がめじろ押し

Dsc_1799

 

花ズッキーニ、出荷始まりました。

  レストランに少量ずつ。

  春らしくて、食べる人にきっと喜んでもらえると思います!

2016年4月25日 (月)

夏野菜の畑準備

来月、夏野菜の苗を植えていく場所の準備、進めてます。

 

  ヤシ殻の繊維を土壌に混ぜました。

Img_6480

Img_6482

このヤシ殻の繊維、小さな穴、隙間が沢山あり(多孔質)、湿った時にはスポンジのように保水する効果が。
そして乾いた時には空気が入り込みやすくなります。
 
この繊維や粒が土と土の間に入り、土壌内に隙間を作るのです。
    
   その結果土がほぐれやすくなり、排水性、通気性も良くなる。
  
   まだまだ水はけの悪い畑の土の改善効果を狙います。

Img_6483

    ナス、ピーマン、甘トウガラシ、パプリカを植える予定。
    

Img_6707

Img_6708

苗はすくすく成長中で、定植は来月。

 

2016年4月24日 (日)

豆苗の食べ方いろいろ

 ただいまわさわさ繁っております。

 花がきれい

1461239857713

 メンバーいちおしの豆苗! 

 

 あまり販売店では見かけないため馴染みがないかもしれませんが、

エンドウ豆の若葉で、中華料理の高級食材でもあります。

使いやすく、いつもの食卓に気軽に加えられる優れものですよ!

1461105540277

 薬味代わりに味噌汁に入れたり、お吸い物に入れたり

Dsc_1787_2

柔らかくて生でいくらでも食べれるので、サラダにトッピングしたり

Img_6592

サンドイッチに挟み込んだり。ほんのり豆の風味です。

Img_6633

 定番メニューに加えてみてもいいと思います!

 親子丼なんていかがでしょう。

β-カロテン量がほうれん草を上回り、ビタミンや葉酸も豊富。

 ぜひ試してみてください!

1461239853757

 可憐な花。

 豆の風味がしますよ。

 レストランにどんどん出していきます!

2016年4月20日 (水)

 

 トマト

 夏野菜の定番ですね。

今年つくるのは、お馴染みのミニ “小桃” と、初挑戦の大玉 “パルト”

 ハウス栽培です。

Dsc_1748_1苗はすくすく成長中。

 新しい誘引方法を取り入れ、長期収穫目指します!

2016年4月16日 (土)

  

  はじめまして、 芽が出てきたルビームーン

Dsc_1776 

  うーん  グロテスク。

  

    

   こちらは、鉢あげが終わった夏野菜の苗たち。

ぴん、と空に手を広げているような姿がきもちいいです。

Dsc_1771

 

  

   露地キュウリ。

   芽が出てきました!

Dsc_1767

 竹トンボを思わせる外観からなのか、キュウリの苗の姿が好きです。

   そういえば土偶の目のようにも見えますねえ

   

  そして、この間植えた花ズッキーニ

Dsc_1774

 もう花芽が出てきました。

   

  このひとたちはこっちがびっくりするほど大きくなるので、もうはやその兆し。

   

    あたたかくなると皆あっという間に成長していきます。

 

 

 

2016年4月14日 (木)

エディブルフラワー

 そのままサラダにしたり、花びらをドレッシングにしたり、お菓子にも。

使い方はさまざま、観賞用植物の中で生でも食べられる花、初の試みでやってみます。

 

  

 さっそく芽がでてきたマリーゴールド

 今回蒔いた中では最も身近に感じる花でした。

   食べれるのですね。Dsc_1757

 

 そして、スイートアリッサム

Dsc_1759

桜の花の塩漬けだったり菊などが、日本では食用花として利用されていますよね。

エディブルフラワーと呼ぶ場合は、アメリカ東部の地域のレシピを起源とする花々を指すことが多いようです。

 丹波農場ではマリーゴールド、スイートアリッサム、

 他にはスナップドラゴン、カレンデュラ、ナスタチウム、そしてルビームーンをつくりまーす。

 個人的にはルビームーンが楽しみ。豆科で可憐な紫色の花を咲かせ、

  茎や葉,豆まで食べれるみたいです!

 事務所の目の前の畑が花畑になる予定。

 これまでの畑と雰囲気が変わりますね。

Dsc_1769

 

2016年4月12日 (火)

 さあて

 

 サトイモ(セレベス)植えますよお

Dsc_1753

 

 一気に畝立て

Dsc_1754

ファイトー!